飛び出す青い弾丸|セネイト・コマンドー・トルーパーで遊ぶ

今回はレゴ スターウォーズ シリーズ「セネイト コマンドー トルーパー」を紹介していきます。

 

本セットは「スターウォーズ:クローン・ウォーズ」という3Dアニメを再現したセットになります。

スターウォーズ本編はep.1~7まで観賞していますが、スピンオフ作品は未観賞です汗

白ではない、青いコマンドー トルーパーに魅かれて購入しました。

 

ミニフィグ中心のセットであるため、ブロック自体は少なめ。

トルーパーは全部で4体。

白いラインの入っているユニットはリーダーでしょうか。

ヘルメットを取ると一体だけ顔が違います。

ヘルメットと頭部との嵌め合いがやや緩いため、ヘルメットが取れやすいのが難点。

 

トルーパーが持っている武器は、上のトリガーを押し込むことで青いブロックが飛び出す仕組みになっています。

思いの外、勢いよくブロックが発射されるため、遊ぶ際には注意が必要です。

スターウォーズ シリーズのトルーパーの武器としては定番のギミックですね。

 

このセット、もう一つのメインが砲台。

砲台は下のパーツにより360°回転するようになっています。

 

写真の黒いパーツを回転させることで、青ブロックが連射されます。

こちらも勢いよく発射されるので注意。

 

青いトルーパーを4体、収集できるセット。

ミニフィグ集めに購入してみてはいかがでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です